二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

Yergason's Test(ヤーガソンテスト)-スピードテストとの比較と感度・特異度-

f:id:dogknt:20200327063748j:plain

Yergasons Test(ヤーガソンテスト)とはヤーガソンテストは、スピードテストと並び、肩関節のスペシャルテストになります。肩関節のスペシャルテストは数多くあり、まずは問診等で絞っていき、どのスペシャルテストを用いるべきなのかを判断すると思います。そしてよく用いられているこれらの2つのテストはよく比較されているので、感度・特異度を中心にエビデンスの観点からお伝えしていきたいと思います。

 

Yergasons Test(ヤーガソンテスト)とは?

ヤーガソンテストとは肩関節のスペシャルテストであり、その中でも上腕二頭筋腱炎の可能性を評価します。スピードテスト上腕二頭筋腱炎だけでなく上方関節唇損傷を評価します(ヤーガソンも関節唇損傷によって陽性になる場合もあります)。上腕二頭筋の解剖ですが、上腕二頭筋短頭は烏口突起に付着するのに対し、上腕二頭筋長頭は結節間溝(intertubucular sulcus/bicipital groove)を通り、SLAP(Superior Labrum Anterior and Posterior)に付着します。そのため上腕二頭筋腱炎とは、上腕二頭筋の長頭の腱が炎症もしくは損傷する障害であり、主に結節間溝に疼痛が現れます。これらのテストでは、この上腕二頭筋長頭に負荷をかけることで、疼痛を再現するテストになります。また、SLAPに上腕二頭筋腱が停止するので、SLAP損傷している場合、上腕二頭筋長頭に負荷をかけることでSLAPの部分の疼痛を訴える可能性もあります。

 

方法

やり方

f:id:dogknt:20200327073541p:plain

患者は座位もしくは立位になり、検側の肘関節90°屈曲、前腕回内回外中間位の姿勢をとります(開始肢位)。その姿勢から検者が徒手にて前腕回内方向に抵抗をかけ、患者は回外方向に力を入れます。上腕二頭筋の作用の1つとして前腕回外があるので、この方向に抵抗をかけることで上腕二頭筋に負荷をかけます。

スピードテストでは、同じく座位または立位の姿勢から検側の肩関節屈曲90°、肩関節外旋、前腕回外位を開始姿勢とし、検者は徒手にて腕を垂直方向に押し、患者はその姿勢を耐えるようにします。このテストでは上腕二頭筋のもう1つの作用である肩関節屈曲に負荷をかけることで筋に負荷をかけます。

 

陽性基準

ヤーガソンテスト、スピードテスト共に上腕二頭筋腱の部分(結節間溝)に疼痛を感じたら陽性です。

 

エビデンス

現段階の見解

下記の通り、ヤーガソンテストは感度が低く、LR−もそこまで低くないので、このテストで陰性だからと言って上腕二頭筋腱炎の可能性を排除(rule out)できる可能性は低くなります。また、特異度もそこまで高くなく、LR+も高くないので、ヤーガソンテスト単独での陽性で上腕二頭筋腱炎を確定(rule in)するのは安易であると言えます。スピードテストの感度・特異度も似たような数値で、ヤーガソンテストと同様にスピードテストのみで判断するのはエビデンスの観点では良い方法とは言えません。2つのテストを比較しても感度・特異度の観点ではそこまで大きな違いはないので、どちらが有効なテストかというよりも、両方のテストに加え、Biceps load Ⅱ test(上腕二頭筋負荷テスト)などのスペシャルテストを加えたり、その他の症状などを総合的に判断していく必要がありそうです。

ここにヤーガソンテストの記事を出しておきながらいうのも何ですが、近年はBiceps Load Ⅱ Testの有効性が報告(感度:89%、特異度:論文によって差が大きく、正確な値は不明)されており、個人的にもBiceps Load Ⅱ Testをまず第1候補として扱っています。

方法としては、背臥位となり、検側の肩関節90°外転・外旋をし、その状態から肘関節屈曲をさせ、徒手にて抵抗をかけます。

感度・特異度

ヤーガソンテスト

感度:43%

特異度:79%

LR+:2.05

LR−:0.72*1

スピードテスト

感度:32%

特異度:75%

LR+:1.28

LR−:0.98*2

感度・特異度に関してはこちら

dog.training-univ.com

ツイッターもやってるのでぜひ交流しましょう!

参考文献

*1:Holtby, R., & Razmjou, H. (2004). Accuracy of the Speed's and Yergason's tests in detecting biceps pathology and SLAP lesions: comparison with arthroscopic findings. Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association20(3), 231–236. https://doi.org/10.1016/j.arthro.2004.01.008

*2:Holtby, R., & Razmjou, H. (2004). Accuracy of the Speed's and Yergason's tests in detecting biceps pathology and SLAP lesions: comparison with arthroscopic findings. Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association20(3), 231–236. https://doi.org/10.1016/j.arthro.2004.01.008