二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

理学療法士とスポーツ -PTがスポーツに関わるには・海外との違い-

f:id:dogknt:20200408233324j:plain

近年、スポーツに関わりたいという学生が増えて来ています。その関わり方として、競技の監督・コーチといったコーチングに進むという選択、医師やトレーナーといったメディカル部門に進むという選択、栄養士や臨床心理士などといった栄養・メンタル面でサポートするという選択、アナリストといった戦術に関わるといった選択など、多岐に渡ります。そこで今回は、私自身がそうであるように、メディカル部門、その中でも理学療法士・スポーツトレーナー/アスレティックトレーナーという関わり方をお伝えできればと思います。

 

 

理学療法士のスポーツへの関わり方

理学療法士は主に病院やクリニックで働いています。そのため、理学療法士がスポーツ選手と関わるのは病院に来たスポーツ選手ということになります。ここが重要で、本来、理学療法士の役割として、ADL(日常生活活動)レベルに身体活動を戻すためのサポートがあります。つまり、怪我や手術によってADLがままならないスポーツ選手のADLレベルまでのリハビリを担当することになります。言い換えれば、怪我をしていない選手やある程度動けるようになった選手のその後を見ることは少ないと言えるでしょう(通常、アスレティックトレーナーに引き渡します)。ただ、このリハビリがスポーツ復帰までの期間や後に影響することは多くあるので、大切な役割の1つです。下にあるように、期間が経つにつれ、選手も動けるようになるので、アスレティックトレーナーに徐々にトレーニングに関して介入してもらいます。

f:id:dogknt:20200409000853j:plain


具体的に病院で理学療法士が行うことは何かと言うと、リハビリ(患部のケア、可動域改善など)、治療、運動療法、物理療法などが挙げられます。先ほどこの時期のリハビリが重要といった理由として、例えば、可動域が十分に回復していないまま、動けるようになってスポーツ復帰をしたとしても、代償動作(患部をかばう動き)などによって、再発や体のその他の部分に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

また、クリニックなどでは週末などに怪我予防の講演やエクササイズ指導などをスポーツチームを対象に行なっているところもあります。そういった意味では怪我をしていない選手とも関わることができます。

 

 

強みを見つける

理学療法士の強みとは

スポーツに関わる上で、強みとは何でしょうか?メディカルスタッフとして選手から求められることは何でしょうか?勿論、監督の方針やチームの状況によって変わりますが、怪我の予防、再発の少ない復帰(リハビリ)、コンディショニング、パフォーマンスの向上(チームによってはストレングスの方が担当します)などがあります。理学療法士の方は自然とリハビリや怪我の予防、コンディショニングに関しては要求されるでしょう。実際にこの3つは私も監督から要求されていました。なぜなら、病院勤務ということで、リハビリの知識はありますし、怪我に対する知識を応用して怪我の予防プログラムなども作成できるからです。そして、怪我のコントロールができればそれがコンディショニングに繋がるからです(勿論これだけではありませんが)。なので、理学療法士を名乗る以上、これらの業務で結果を残せるようになることが重要だと思います。

他の資格を取得する

理学療法士の中でも複数の資格を資格を取得されている方がいます。私もアスレティックトレーナーの資格を保持しています。おそらく理学療法士の方が取得されている主な資格はアスレティックトレーナー、JATI・CSCS(トレーニング・ストレングスの資格)などが挙げられます。これらの特徴に関して説明します。まずアスレティックトレーナーですが、基本的には現場で重宝される資格で、先ほど説明したADLレベル以上でのリハビリ(アスレティックリハビリテーション)、現場での救急対応、テーピング、怪我の予防などの専門家です。そしてJATIもしくはCSCSはストレングスの専門家で、パフォーマンスのアップに貢献します。勿論、理想としてはチームがそれぞれの専門家を雇い、それぞれが連携することが望ましいですが、実際スポーツ現場で理学療法士アスレティックトレーナー、ストレングスの専門家を雇っているのはごく1部のプロのチームだけです。そのため、財源が厳しいチームやアマチュアのチームなどではものすごい専門家というより、1人で広く業務が行える人の方が重宝されることもあります。そのため、資格を複数持っている人が多く働いているのはそういった理由があると思われます。そのため、理学療法士が他の資格を取得することもスポーツに関わる可能性を広げる1つの手段になると思います。

 

 

どこで働くのか

スポーツに関わると一言でいっても、どのように関わるかは千差万別です。上記では理学療法士の従来の関わり方と、その他の資格の特徴をお伝えしました。そしてそれらの特徴・強みを把握した上で、スポーツに関わるために考えなければいけないのが、どこで働くということです。例えば、上記で説明した病院勤務であれば理学療法士の免許が必要になってきますし、スポーツ現場で帯同するように働きたいのであれば、理学療法士の経験だけでは難しく、アスレティックトレーナーの資格(もしくは勉強)も必要になってきます。また、同じスポーツ現場でも帯同して行くのではなく、定期的にジムなどでトレーニング指導もバンバン行なっていきたいのであれば、CSCSなどのトレーニングの勉強が欠かせなくなってきます。トレーニング指導に栄養を絡ませたい(体づくりで貢献する)のであれば栄養の勉強も必要になってきます。そのため、これは理学療法士に限らず、どこでどう働くのかを自分の中で整理しておく必要があります

 

 

海外との違い

海外といってもアメリカとヨーロッパではシステムが違いますし、一言では言い表せませんが、最も大きく違うのは海外の理学療法士には開業権があるということです。なので、海外では医師を通さず、理学療法士クリニックがクリニック単位で直接チームと連携をして、契約を取ることができます。なので、そのチームで怪我人が出たらそのクリニックに全員行くようになっているということです。なので、スポーツに関わりたい場合、スポーツチームと連携しているクリニックに就職すれば良いということになります。その点、日本ではどのくらいそのクリニックでスポーツ選手を見れるのかはわかりにくいということがあります。ただ、近年日本でもスポーツクリニックは増えてきているので、この差はなくなってきているようにも見えます。

 

ツイッターもやっているので、ぜひ交流しましょう!