二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

脈診の基本

f:id:dogknt:20190118043607p:plain

 

脈診の基本

 

東洋医学では、脈は臓器を写し出すものとして考えられています。

西洋医学では脈と言ったら拍数しかあまり気をつけて触診しないですが、東洋医学では非常に多くの点に着目して脈を評価します。

 

脈の場所と探し方

位置は中枢から抹消にかけて

左:腎・膀胱、肝・胆嚢、心・小腸

右:腎・三焦・子宮、脾・胃、肺・大腸

の順番に位置します。

 

深さは順に

浅:気

中:血

深:陰

を表しています。

 

つまり、深さと場所で3×3=9箇所を触診する必要があるということになります。

 

脈の種類

東洋医学における脈は脈の浅い、深い、速い、遅い、強い、弱いの大小で大きく6種類に分かれ、その他に細かく分かれ、合計28種類になります。

 

まずは主な6種類についてです。

Floating 浮脉(Fu Mai)

・脈は表面ですぐに触れる。(指をおいた瞬間に感じる)

・細い人に出やすい

・夏や秋に出やすい

外的病因(とくに風の証)

→Tight:風-寒の証、速い:風-熱の証

陰虚(Yin deficiency)

【同類の脈】

Hollow芤脉、leather革脉、Soggy濡脉(Emptyにも属している)

 

Deep 深脉(Chen Mai)

・脈は深いところで触れる。

・太っている人に出やすい

・冬に出やすい

内的病因

陽虚(Yang deficiency)

・脈が弱い:deficiencyパターン 強い:excessiveパターン

【同類の脈】

Firm牢脉、Hidden 伏脉

 

Slow 迟脉(Chi Mai)

・1回の呼吸につき4回未満の脈

寒の証

・脈が弱い:Emptyパターン 強い:Fullパターン

【同類の脈】

Choppy涩脉、Knotted 結脉

 

Rapid数脉(Shu Mai)

・1回の呼吸につき5回以上の脈

熱の証

・脈が弱い:Emptyパターン 強い:Fullパターン

・幼児や子供は平均して速い

・運動時や興奮時にも一時的に早くなる

【同類の脈】

Hasty促脉、Racing疾脉、Moving散脉、Slippery滑脉

 

Empty虚脉(Xu Mai)

・細いわけではなく、softな感覚

・大きいが、その割には弱いといった感覚

・3部位(中枢から抹消の3部位)にて脈がsoft

・気または血の虚(deficiency)

・複数の臓器の気の虚

(deficiency)のパターン

【同類の脈】

Weak弱脉、Fine细脉、Minute微脉、Short短脉、Scattered散脉、Soggy濡脉(Floatingにも属している)

 

Full 实脉(Shi Mai)

・3部位にて脈を感じる

(excessive)のパターン

【同類の脈】

Overflowing洪脉、Wiry 弦脉、Tight紧脉、Long长脉、Firm牢脉

 

次にその他の細かい分類についてです。

Slippery滑脉(Hua Mai)

・脈は滑らかに感じる

・痰、湿、食事の停滞などが示唆される

・女性は妊娠するとこの脈になる人が多い

・痰、湿の証、食事の停滞

 

Choppy涩脉(Se Mai)

・脈はネバネバに感じる

・血の虚

・津液の消費

 

Long 长脉(Chang Mai)

・脈が長い(脈を感じる時間が長い)

・熱の証

・他に症状がなく健康な人でもこの脈になる人はいる

 

Short 短脉(Duan Mai)

・脈が短い(脈を感じる時間が短い)

・深刻な気の虚

・抹消の位置で感じることが多い

・胃の気の虚

 

Overflowing洪脉(Hong Mai)

・脈は大きく、脈は通常の位置を超えて位置する

・浅の位置で感じ取ることができる

・熱の証

・しばしば発熱を伴うことがある

 

Fine 细脉(Xi Mai)

・脈が細い

・血の虚

・湿の証の可能性も

・冬に起きやすい

 

Minute 微脉(Wei Mai)

・脈が細い(细脉よりも)

・深刻な気と血の虚

 

Tight 紧脉(Jin Mai)

・脈が太いロープのようにねじれた感じ

・振動しているように感じる時がある

・寒の証(内or外的病因の区別はFloatingかDeepで)

 

Wiry 弦脉(Xian Mai)

・ギターの弦のようなピント張った感じ

・Tightよりもより細く、強く張っている

・痰や肝・胆嚢の機能障害の可能性

 

Slowed-down緩脉(Huan Mai)

・1回の呼吸につき4回の脈

・脈は強くない

・脾と胃の気の虚

・湿の証

・健康な人でもありうる脈

 

Hollow 芤脉(Kong Mai)

・浅と深のところでしか脈を感じない

・血の不足

・多量出血(hemorrhage)の疑い

 

Lether 革脉(Ge Mai)

・浅の部分では硬く、タイトな脈だが、深の部分ではempty様の脈になる

・大きい脈で、細くはない

・腎の精もしくは陰の虚

 

Firm 牢脉(Lao Mai)

・Wiryと同じ感覚だが、深の部分でしか確認できない

・血の停滞もしくは疼痛

・寒の証(内的病因)

 

Soggy 濡脉(Ru Mai)

・浅の部分でしか触れられず、柔らかく少しFloating様の脈

・湿の証

・虚のパターン

 

Weak 弱脉(Ruo Mai)

・深の部分でしか触れられず、脈が柔らかい

・陽もしくは血の虚

 

Scattered散脉(San Mai)

・小さく、相対的に浅の部分で触れられる

・触れる感じが粒の感じ

・気と血の虚

・腎の気の虚

・深刻な状況

 

Hidden 伏脉(Fu Mai)

・まるで骨の下にあるかの様な深い脈

・深刻な陽虚

 

Moving 散脉(Dong Mai)

・脈が触れている指の下で震えている感じ

・Short, Tight, Slippery, Rapidと併発することが多い

・驚きや不安、恐怖、深刻な疼痛によって引き起こる

 

Hasty 促脉(Cu Mai)

・脈は速く、不定期に脈が飛ぶ

・熱の証

・心の気の虚(心の火)

 

Knotted 結脉(Jie Mai)

・脈は遅く、不定期に脈が飛ぶ

・寒の証

・心の気または陽の虚

 

Intermittent代脉(Dai Mai)

・脈が定期的に飛ぶ

・内的病因(陰の臓器の問題)

・もし脈が飛ぶ回数が4拍以下ごとに起きるのであれば事態は深刻

 

Racing 疾脉(Ji Mai)

・異常に脈が速い状態で、1呼吸中に7-8拍打つ

・陽の異常な実

・火が陰を消費する