二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

オランダ徒手療法とは どうやって資格取得するの?

「manuele therapie」の画像検索結果

 

理学療法士の方だけでなく、柔道整復師、マッサージ師、カイロプラクターの方、治療家や医療関係者の中に徒手療法を学んでいる方は多いと思います。徒手療法は色々と流派があって何が良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、徒手療法の1つである、オランダ徒手療法についてお伝えできればと思います。

※オランダ徒手療法に関する学校、組織、協会とは関係がありませんので、受講や勉強会に関するお問い合わせはご遠慮ください。

 

オランダ徒手療法とは

オランダ徒手療法は日本での名前で、現地オランダではこのような名前はなく、ただの「徒手療法」として扱われています。それではこの「徒手療法」を学ぶにはどうすれば良いか触れて行きたいと思います。

この徒手療法はWCPT(世界理学療法協会)の下部組織であるIFOMPT(国際徒手療法協会)が定めるコースまたは学校にいくことで学ぶことができます。オランダの場合はPTの養成校を卒業した後、卒後教育としての大学院が設置されており(下記参照)、そこで学ぶことができます。オランダで学ぶ徒手療法の特徴としては、脊柱の解剖・生理学を中心にアプローチすることで、末梢に対してもアプローチするというのが特徴としてあります。また、手技としては関節モビライゼーションや関節マニピュレーションなどが用いられており、そこは世界共通なのかなと個人的には考えています。

 

オランダPTの卒後教育

上記でもお伝えしたように、オランダは卒後教育として大学院を設置しており、そこで自分の専門性を学んで行くという流れになります。その専門性は、以下になります。

オランダの卒後教育

kinderfysiotherapie(小児理学療法

geriatriefysiotherapie(高齢者理学療法

orthopedische manuele therapie(整形徒手療法)

psychosomatische fysiotherapie(心理理学療法

sportfysiotherapie(スポーツ理学療法

Bekkenfysiotherapie(産後理学療法

 

このように専門性が分かれており、徒手療法を含む、いくつかの分野では修了することで保険点数が変わり、給料に反映されます。

全てのコースは3年制であり(一部を除く)、パートタイムでの授業になります。そのため働きながら通うというのが通常のスタンスです。

これらのコースは全て修士課程という位置付けになっており、修了したらMaster(修士)の称号が得られます。 この修士課程が終わった後、研究などに興味がある方はPhD(博士課程)に進む方が多いそうです。

 

オランダの徒手療法の現状

オランダでは上記にあるように徒手療法のコースを修了することで給料に反映されるということで、多くの理学療法士徒手療法を専攻しています。しかし、人数が増えすぎてしまい、中には給料のために行く人もいて、オランダの徒手療法のレベルが下がってきていると、オランダ徒手療法協会の方は危惧しています。実際に徒手療法を受けて悪化したという患者さんもちらほら出てきている状況です。ただ、IFOMPTの協会メンバーのオランダ人の割合も高く、国際的にもレベルも高い位置にいるということは間違いなさそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

徐々に徒手療法関連も情報を集めて行くので、随時更新していきたいと思います。