二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

オランダで鍼灸師としての起業・開業について

現在、オランダではフリーランスビザへのハードルが低く、日本で鍼灸師の免許を取得された方が何名かオランダで起業・開業されています。そこで、オランダの鍼灸事情と競争に勝ち抜くにはどうすれば良いかを僕なりの考えのもとお伝えできればなと思います。 …

股関節のスペシャルテスト集①

今回は股関節のスペシャルテストについてです。 Illiotibial Band Length Test 腸脛靭帯長テスト Flexion, Adduction, Internal Rotation (FADIR) Impingement Test 屈曲内転内旋テスト Hip Scour Test 股関節捻転テスト Thomas Test トーマステスト Hip Pas…

頚部痛に対する鍼灸の効果の持続性について

今回は頚部痛に対する鍼灸の効果の持続性についての論文を読んでみたので、お伝えしたいと思います。 今回のポイント 慢性の頚部痛に対しては鍼灸が有効であるというエビデンスが多い 治療後3ヶ月を超えると鍼灸の効果は薄いと考えられる まずは慢性期の頚…

腰部のスペシャルテスト集③

続いて腰部のスペシャルテスト第三弾です。 Sacroiliac Joint Posterior Gapping Test / Thigh Thrust Provocation Test 仙腸関節離開テスト/大腿誘発テスト Gaenslen’s Provocation Sacroiliac Joint Test Sacral Thrust Provocation Sacroiliac Joint Test…

急性期の足関節捻挫への介入

足関節の捻挫はよくスポーツの現場で起きてしまいます。慢性化しやすい傷害の1つで、中々治療するにも難しいというのが現状です。 病院のスタッフの方や、現場のトレーナーの方で徒手療法や、物理療法を行う方もいるのではないでしょうか?そこで、現時点で…

ビタミンKのはたらき

ビタミンKとは聞いたことがあるでしょうか?なかなか日常生活ではあまり聞きませんが、骨や病気の予防に対してとても重要な栄養素の1つなんです。 ここではビタミンKについてお伝えしていきたいと思います。 まとめ ・ビタミンKにはK1とK2がある ・骨粗鬆症…

腰部のスペシャルテスト集②

続いて腰部のスペシャルテスト第二弾です。 Prone Hip Extension Neuromuscular Control Test 腹臥位股関節伸展における神経筋コントロールテスト Trendelenburg Test トレンデレンブルグテスト Hip Abductor Neuromuscular Control Test 股関節外転テスト G…

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model⑤

続いて最後の項目です。 Agility アジリティ Flexibility 柔軟性 Stability 安定性 Power パワー Endurance 持久力 図のように、幼少期に重点的に行うBMSに対し、成長に伴い身につけなければならないのがConditions of Movement(以下:COM)になります。ス…

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model④

今回はASMの2つ目の項目、Coordinative Abilities(以下:CA)についてお伝えしていきます。 Adaptability(順応性) the ability of maintain balance(バランス能力) synchronization of movement(動きの時間的一致) the kinetic differentiating abili…

オランダの鍼灸学校 海外で鍼灸師になるには

近年、鍼灸師の方が海外に行くことが増えてきているように思います。それと同時に、海外の鍼灸の学校に通う方も増えてるのではないでしょうか?わたしもその1人です。わたしの場合はオランダという国の学校に通っています。 今の所日本人は学校で見かけない…

オランダ徒手療法とは どうやって資格取得するの?

理学療法士の方だけでなく、柔道整復師、マッサージ師、カイロプラクターの方、治療家や医療関係者の中に徒手療法を学んでいる方は多いと思います。徒手療法は色々と流派があって何が良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、徒手療法の1つ…

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model③

今回はBMSとドナー/マルチスポーツの関係や実践例などをお伝えして行きます。 ドナー/マルチスポーツのコンセプト ドナースポーツと対象のスポーツとの関係 マルチスポーツと対象のスポーツとの関係 技術の適応トレーニング BMSトレーニングの実践例 ドナー/…

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model②

ASMの基本的な10個の動き Balancing and falling(バランスをとる動きと落ちる事) Romping and fighting(跳ね回る事と戦う事) Moving and locomotion(動き回る事) Jumping and landing(跳ぶ事と着地する事) Rolling, tumbling and turning(転がる事…

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model①

今回はオランダのスポーツ教育(タレント発掘)についてお伝えしていきます。 オランダという国は人口が約1700万人しかおらず、日本のように競争主義の方法では他の国には勝てません。1人1人にしっかりと教育していくのがオランダのスタイルです。 そこで、…

鍼灸の効果 術後の疼痛のマネージメント

今回は手術における術創部の疼痛に対する鍼灸の効果を検証した論文レビューを行います。 手術を行った患者に対して、術創部の疼痛に対して鎮痛薬を投与する場合があります。しかしながら、鎮痛薬にも副作用があるので、できれば避けたいところです。 そこで…

腰部のスペシャルテスト集①

腰痛は様々な要因が考えられますが、まず腰痛を評価する際、そもそも腰部〜仙骨の部分の状態を把握する必要があります。 腰仙部は関節部位だけでなく、腰神経叢など複雑な解剖的一面を持っています。 そのため、一言に腰の症状と言っても神経からくるのか、…

脈診の基本

脈診の基本 東洋医学では、脈は臓器を写し出すものとして考えられています。 西洋医学では脈と言ったら拍数しかあまり気をつけて触診しないですが、東洋医学では非常に多くの点に着目して脈を評価します。 脈の場所と探し方 脈の種類 Floating 浮脉(Fu Mai) …

舌診の基本

舌診は中医学の中でも重要な診断方法の一つです。 舌から収集できる情報は多く、様々な観点から評価をしていきます。 色 蒼白 赤 紫 形 薄い 腫脹 長い 短い 割れ目 歯の跡 舌苔 白 黄 グレー 黒 湿り具合 乾燥 湿り 色 色は最も早く症状として出る事項であ…

七情と六淫

東洋医学では人間の病気の要因を体の外側からの影響と内側からの影響に分けて考えます。 内側からの要因を内因、外側からの要因を外因と呼びます。 内因は七情と言って七つの感情があります。 外因は六淫と言って六つの外的環境があります。 七情 六淫 七情 …

五臓六腑とその関係②

前回は五臓(陰の臓器)についてお伝えしました。 今回は六腑(陽の臓器)とその他の臓器について触れていきたいと思います。 小腸 胆嚢 胃 大腸 膀胱 三焦 その他の臓器 脳 子宮 気の産生と循環 血の産生と循環 津液の代謝 小腸 小腸は心と同じ火の臓器にな…

五臓六腑とその関係①

五臓六腑とは陰の臓器(五腑)と陽の臓器(六腑)と三焦のことで、西洋医学における内臓にあたります。 それぞれ五行の成分に沿って別れ、1つの成分あたり陰の臓器を1つ、陽の臓器を1つ持ちます。 それぞれの臓器には役割があります。 また、西洋医学のよう…

五行説 〜相生と相克〜

五行論は陰と陽と並んで東洋医学の基礎になります。 五行とは自然界に存在する木、火、土、金、水の5つより成り立っています。 広大な大地を持っている中国ならではの発想で、人間も自然界の1つですので、自然界の流れも人間に起きているものも同じであると…

気・血・津液と精

気とは身体中をめぐるエネルギーのことで、呼吸や食事など様々な形で産生され、また消費されていきます。 この気を循環させるために必要なのが血であり、津液です。 また、この気の源になるのが精です。 今回はこの気・血・津液と精についてお伝えしていきま…

関節の副運動

人間の関節はロボットのようにギクシャクは動きません。 人間のなめらかな動きは関節の副運動が役割の1つとして機能していると言っても過言ではありません。 では副運動とはどういった動きなのかお伝えしていきます。 転がり まずは転がりについてお伝えして…

イヌリンのはたらき

現在、人間にとって健康な栄養素の1つとして食物繊維が注目されています。 食物繊維とは胃の中で胃酸による加水分解や、小腸での吸収はされ図、大腸内のフローラによって発酵されます。 その中でも今回はイヌリンについてお伝えしていきたいと思います。 イ…

増量期のGVT(German Volume Training)

GVTとは? GVTとメリットとデメリット GVTの最新エビデンス GVTとは? German Volume Training(以下:GVT)とはドイツで考案されたトレーニング方法で、 以下の方法で行います。 ちなみにGVTは化学的負荷による筋肥大を目的とするトレーニングです。 この方…

東洋医学における問診

まず始めに 東洋医学における症状とは 問診の手順と基本的10項目 問診の手順 基本的10の質問 16の質問 1.疼痛 2. 食事と味覚 3. 排便と排尿 4. 喉の渇きと飲み物 5. エネルギーレベル 6. 頭部、顔と体 7. 胸と呼吸 8. 四肢 10. 発汗 11. 耳と目 12. 冷と熱の…

頭頚部外傷のスクリーニングテスト

今回は頭頸部損傷のスクリーニングテストについてお伝えしていきます。 この評価の目的はX線やCTなどの画像撮影を頻度を減らして医療費を削減しようというものです。 そこで、画像撮影の必要の有無をスクリーニングする評価方法を作成したという事です。 と…

陰と陽の概論 西洋医学には無い考え方

陰と陽、これは東洋医学を考える際、とても重要です。中医学系の学校(鍼灸・按摩マッサージなど)では恐らく最初に習うことが多いのではないのでしょうか。 それでは詳しくお伝えしていきます。 陰と陽とは 陰と陽の関係 東洋医学にあって西洋医学にないも…

胸椎および胸郭のRed Flag

胸椎や胸郭の症状を訴える患者さんが来院したときのRed Flagをお伝えしていきます。 胸郭の中には心臓や肺などといった数多くの臓器が存在します。 ということは、これらの臓器に異常があれば、胸郭に症状が出てもおかしくありません。 患者さんが胸郭や胸椎…