二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

Allen's Test(アレンテスト)のやり方と陽性基準 -リスク管理とエビデンス-

Allen's testは循環動態の評価によく用いられるテストで、病院で勤務されている方はよく用いるのではないでしょうか?しかし循環器系の評価としてはスポーツ現場やクリニックなどでもリスク管理のためには知っておきたいものです。 血管の解剖 Allen's Test…

Cozen's Test(コーゼンテスト)のやり方とその他の外側上顆炎のテスト

Cozen's Testは手関節伸展テストやテニス肘テストとも言われており、外側上顆炎のテストになります。 外側上顆炎とは 病態 病態のステージ 1)炎症期 2)微細損傷期 3)変性期 4)循環欠乏期 Cozen's Test(コーゼンテスト) やり方 エビデンス そのほか…

資格から逆算!どんなスポーツトレーナーになるの?

情報過多のこの時代ではスポーツトレーナーになるためにはどんな資格があるのかを皆さんはすでに知っていると思います。そこでこの記事では発想を変えて、それらの資格を取ることでどんなトレーナーになるのかをお伝えできればと思います。そこから自分がな…

Kemp's Test(ケンプテスト)-ケンプ徴候とは・やり方とエビデンス-

Kemp's Test(ケンプテスト)は腰部のスペシャルテストの1つで、主に椎間関節や神経根の部分を評価するテストです。ケンプ徴候といった言葉を聞いたことがあるかもしれません。知名度が高いテストですが、細かいやり方やエビデンスの部分まで知っている人は…

プロテインは腎臓に悪い?腎臓の機能と最新エビデンス -健康に筋トレ・タンパク質摂取するために-

プロテインの摂取は腎臓に悪いとよく世間では言われています。それはどこまで本当なのでしょうか?実際にプロテインを飲むことで健康診断の数値が変化するという人もいると聞きます。生理学的に考えて本当にプロテインは腎臓に悪いのか?そして最新のエビデ…

エビデンスに基づくSLAP損傷のためのスペシャルテスト

野球をはじめとするオーバーヘッドスポーツをやっている方に多い怪我の一つがこのSLAP損傷です。手術を時には必要とする怪我であり、トレーナーや柔道整復師、理学療法士などはこの障害をしっかりと評価して行きたいですよね。そこで今回はSLAP損傷(スラッ…

ケトン体ダイエットでの糖質制限・ケトーシスと体質の見分け方

近年、ケトン体ダイエットや糖質制限という言葉が流行し、ダイエットをしたことがある方は1度は試したことがあるのではないのでしょうか?ただし、糖質制限という言葉が一人歩きをしてしまい、糖質をひたすら制限すれば良いという考えが蔓延しているようにも…

アセチルCoAとは -ピルビン酸・アセトン・クエン酸回路(TCAサイクル)-

アセチルCoAは生理学や生化学を専攻している人にとっては常識レベルの知識だと思います。しかし、 私たち臨床家にとっては養成校時代に習ったものの、忘れてしまっていたり、正確に理解していなかったことが多い分野でもあると思います。そこで今回は臨床家…

肩のインナーマッスルトレーニング 本当に効果あるの? -エビデンスの観点から-

肩のインナーマッスルトレーニングはオーバーヘッドスポーツを中心に多くの方が行なっていいます。トレーニングのやり方に関してはネット上にもたくさんあり、自分で勉強されて行なっている人もいるのではないでしょうか?しかし、肩のインナーマッスルトレ…

腰痛に対する針治療の効果 -エビデンスの観点から-

腰痛の治療として様々な方法がありますが、腰痛持ちの方が針治療を受けることは少なくないと思います。海外でも、経験的に効果はあるということで針治療を利用する人が増えています。患者からしたらエビデンスの有無は関係ありませんが、私たち臨床家として…

マラソン選手が筋トレすると持久力が落ちる?

近年健康志向が高まっている影響か、マラソンが流行っています。皇居の周りにも多くの人が走っていた記憶があります。ランナーの方の中でラントレ以外に筋トレを行なっている人はどれくらいいるでしょうか?アスリートの方でも筋トレのやり方がわからない人…

スクワットと腰痛の関係・やり方・注意点・エビデンス

スクワットはトレーニングをやったことのある方なら1度は試したことのある種目だと思います。そして、動きが難しいがゆえにしっかりとしたフォームでできていれば良いのですが、間違ったフォームで行うと体にさまざな悪影響を与えてしまいます。今回はその中…

世界のフィジオセラピスト -世界から見た日本-

フィジオセラピストとは、日本でいう理学療法士のことですね、アメリカ英語だとPhysical Therapist(フィジカルセラピスト)なんて言い方もします。世界的に見るとフィジオセラピストは医師、看護師に並ぶ知名度があり、一般の型でもほとんどの国でフィジオ…

理学療法士×海外 -日本人が海外で働くには・海外との違い-

日本人が理学療法士として海外に働く、という選択肢を考えている方は多いと思います。ただ、あまり情報が少なく、何をすればわからないということも何度かお聞きしたことがあります。そこで今回は日本人が理学療法士として海外で働く方法は何があるのかをお…