二刀流トレーナーの海外医科学図書館

二刀流【メディカル(診断・治療・リハビリ)とストレングス(トレーニング・栄養)】に渡るジェネラリストへ

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model④

「the athletic skills model」の画像検索結果

今回はASMの2つ目の項目、Coordinative Abilities(以下:CA)についてお伝えしていきます。

 

コーディネーションとは動きをコントロールし、協調させるために必要な能力です。この能力は6〜13歳までが最も向上すると言われております。特に成長期では、腕や足の長さと体幹の長さのバランスが著しく変わるため、この能力がネガティヴな方に傾いてしまうことは少なくありません。ASMではCAを以下の7つに分類しています。

 

Coordinative Abilities (CA)

・Adaptability(順応性)

・the ability of maintain balance(バランス能力)

・the coupling ability (synchronization of movement)(動きの時間的一致)

・the kinetic differentiating ability(運動学的区別能力)

・spatial orientation ability(空間認識)

・the ability to react(反応能力)

・rhythmic ability(リズム能力)

 

f:id:dogknt:20190517211930j:plain

CAはBMSとこのような関係にあり、CAはトレーニングの方法またはメニューを変える時期において、観察や動きの評価をするために用いられます。

 

Adaptability(順応性)

ASMにおいて、順応性は主な発達要素の1つです。この能力は年齢を問わず大切なもので、向上することが可能です。しかし幼少期の方が会得しやすいと言われています。また、バランス能力と深く関係しています。スポーツや動きにおいて、様々な環境に対応するためにこの能力が必要になってきます。また、ASMでは様々なトレーニングをすることによってこの能力を向上させることができると言われております。目指すべきゴールは同じでも、環境や負荷などが変わることが重要になります。例えば、テニスにおいて、コートが芝であっても、クレイであっても同じパフォーマンスを発揮するということになります。反復練習を繰り返すことも大事ですが、反復練習のみを行っていくと、この能力が向上することはありません。また、日本で大活躍していた選手が海外に試合に行ったり、海外に移籍した途端に活躍できなくなるのは、気候やプレースタイルなどに順応できなかったことが考えられます。技術の適応トレーニング(前の記事参照)ではこの能力の向上を狙っているとも言えます。

 

the ability of maintain balance(バランス能力)

この能力はASMにおいて、成長する過程で継続的に(最初から最後まで)関わる要素になります。男子では10-11歳、女子では9-10歳が最も成長する時期になります。この能力は男女ともに12-14歳で成熟すると言われています*1 。また、様々なスポーツや活動をすることが重要になってきます。様々なスポーツをすることで、様々な床や地面の上で、滑ることや走ること、転がること、着地することなど様々な動きが含まれるからです。また、バランスを崩す能力も必要とされています。バランスを崩す能力というのは、バランスを崩した時、しっかりと転べるか、転んですぐ起きれるか、立て直せるかという能力になります。競技者はバランスを崩すことに対し恐怖心を抱いてしまってはパフォーマンスが十分に発揮できません。バスケットボール、サッカー、アメリカンフットボールなどでは、何度も転んでる暇はありません。転んだとしてもすぐに立ち直り、しっかりと自分のポジションや陣地に行かなければなりません。そのため、競技者は転び方を知っている必要があります。

 

synchronization of movement(動きの時間的一致)

この能力は動きを効率的にシンクロさせたり、スムーズな動きをするために異なる体の部分を協調させる能力になります。6-8歳が男女ともにこの能力が最も向上する年齢になります。これは運動学的区別能力、バランス能力、アジリティ能力と深く関係しています。動きがぎこちない選手はこの能力が低い可能性があります。例えば、サッカーばかりやっている子供は上半身の発達があまりなく、足はうまく使えるのですが、腕があまり使えないという状況になります。しかし、サッカーであっても上のレベルになれば、上半身や腕の使い方も重要になってきます。そのため、幼少期には身体的な面において、偏った体の一部を酷使するのではなく、体全身をくまなく使えるようにトレーニングしていく必要があります。また、動きとしても、押すことが多いスポーツばかりをやるのではなく、引くことが多いスポーツをやったりなど、色々な体の部位、色々な動作をする事がこの能力を向上するために重要になってきます。

 

the kinetic differentiating ability(運動学的区別能力)

この能力は動きの力具合、距離(どれだけ動かすか)、タイミング、スピード、を調節する能力です。例えば、テニスやバレーボールでどのくらい奥に打ち込むか、ゴルフでどのくらい強く打つかなどの能力になります。また、程度の調節するという意味で、ボールを受け、コントロールすることもこの能力で、ボールの衝撃を素手や道具などで吸収するときに必要な能力です。この能力は動きをどれだけ正確に、効率よくできるかという能力なので、全てのCAに関係してきます。男女ともに6-7歳、10-11歳が最も向上する年齢になります。

 

spatial orientation ability(空間認識)

空間認識は環境において、対象の物体や人間、地面と関係して、姿勢や体の方向などを維持するために必要な能力です。また、対戦相手や道具、チームメイトと適切な距離を取る能力でもあります。特に自分の目で実際に見ているものよりも広い視野(実際には見えてないが、感じる能力)が必要なコンタクトスポーツではこの能力は重要になってきます。12歳前後が最もこの能力が向上する年齢だということになります。

  

the ability to react(反応能力)

反応能力は早く、そして適切な判断や行動に関係し、この能力は見ること、聞くこと、感じることで行われます。日々の練習の中で、予想できるものとできないものに対して反応することで向上することができます。ほとんどのスポーツでは、特に試合やゲームで相手の動きやフェイントなどに対して反応する必要があります。9-10歳が男女ともに最もこの能力が向上する年齢になります。

  

rhythmic ability(リズム能力)

動きのリズムというのは動きにおいて、適切なタイミングで力を入れたり抜いたりすることを言います。この能力は見たり音を聞いたりすることで行われます。次の姿勢にうつるためには必要な能力なので、アジリティと深く関係しています。ダンスやスポーツそのものをやることで身についていきます。音楽に合わせて動かすことはBMSの1つでもあります。しかし、楽器を演奏したり、音楽に関わることがこの能力を向上させるという科学的根拠はありません。ただし、雑音の中でもしっかりとパフォーマンスを発揮できるようになることは言われており、楽器の演奏は年齢問わず推奨されております。男子は10歳、女子は9歳でこの能力が最も向上すると言われております。

 

ここまでがCAになります。

次の記事ではCOMについてお伝えできればと思います。

 

以下が参考文献になります。

The Athletic Skills Model

The Athletic Skills Model

  • 作者: René Wormhoudt,Geert J.P. Savelsbergh,Jan Willem Teunissen,Keith Davids
  • 出版社/メーカー: Routledge
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

*1:Protovasa M. (1984); Train for Balance

オランダの鍼灸学校 海外で鍼灸師になるには

                                       「acupunctuur nl」の画像検索結果

近年、鍼灸師の方が海外に行くことが増えてきているように思います。それと同時に、海外の鍼灸の学校に通う方も増えてるのではないでしょうか?わたしもその1人です。わたしの場合はオランダという国の学校に通っています。

今の所日本人は学校で見かけないので、オランダの養成校を出られた方は少ないのではないかと思います。そこで、オランダでの養成校の仕組みとその流れについてお伝えしていければと思います。

 

オランダの資格制度

厳密にいうと、オランダには鍼灸師という資格はありません。ただ、オランダ鍼灸協会が指定する養成校を卒業することによって、施術者は傷害保険に加入でき、患者としては鍼灸の治療が保険内で受けることが可能になります。

裏を返せば資格制度がないので、個人的に傷害保険(高額になります)に入り、患者も保険がきかなくても良いという同意の元であれば、日本の免許でも働くことは可能です。いわゆるプライベートサロンのようなもので、鍼灸という行為自体は違法にはならないということです。

 

オランダの鍼灸学校

学校

オランダの鍼灸の学校は高度職業専門学校(日本でいう専門学校)という位置付けになっており、高校を卒業していることが入学の条件になります。ほぼ全てパートタイムになっており、月に数回の授業とグループワークを中心に学習していくことになります。

ヨーロッパではなかなか日本のように高校を卒業をしたら鍼灸の学校に行くという人はあまり多くはありません。そのため、多くの学生が30歳以上ですでに働いている人がほとんどです。しかし、オランダ以外のヨーロッパの国はフルタイムでの学校が多く、仕事の関係で学校にいけない人がいるので、そういった方は、パートタイムのあるオランダの学校に通います。 

英語のクラスがあるせいか、学生の半分はオランダ国外からきています

 

カリキュラム

修業年数は3-4年(下のスライド参照)になります。

f:id:dogknt:20190513003504j:plain

西洋基礎医学に関しては、医師と理学療法士(オランダの免許)を持っているのであれば免除ということになります。

実技は赤枠の2年間で行っていきます。クラスの人数は、基礎医学は30-40名ほどおり、そこから3つに分かれていきます。この中では鍼灸が最も人気があり、毎学年15-25名ほどになるそうです。

コースによりますが、授業はそれぞれオランダ語、英語、中国語の3クラスが存在します(学校によってはオランダ語のクラスしかありません)。

 

授業内容

授業内容は主に中国鍼灸TCMになります

わたしは逆に日本での鍼灸を知らないので詳しくはわかりませんが、腹を診るなどといったことは授業や実習でも聞いたことがありません。中国鍼灸は脈診と舌診が中心になります。教材はほぼ全て英語もしくは中国語の教材になります(クラスによる)。

基礎医学の時点で陰陽、五行論などの基礎理論を勉強していきます。実技が始まるのは専門コースを選んでからになり、そこから経絡や針の刺し方などを習っていきます。

 

臨床実習

臨床実習は東洋基礎医学の学年から課せられます。学校の1階にクリニックがあるので、そこで実習することが可能です。ただ、学生でいっぱいになるということもあり、それぞれの分野における協会が指定する外部のクリニックで実習をすることが可能です。

実習の方法としては、各スーパーバイザーの先生に最大4名の学生がつき、患者の許可が降りれば、問診室や治療室で見学したり、脈診や舌診を行ったりします。

時間は1日中もしくは午前・午後のみの半日を選択することができます。

各学年量は異なりますが、レポートが課されます。

 

以上がオランダの鍼灸学校の情報でした。

随時情報は更新していきますので、よろしくお願いします。

オランダ徒手療法とは どうやって資格取得するの?

「manuele therapie」の画像検索結果

 

理学療法士の方だけでなく、柔道整復師、マッサージ師、カイロプラクターの方、治療家や医療関係者の中に徒手療法を学んでいる方は多いと思います。徒手療法は色々と流派があって何が良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで、徒手療法の1つである、オランダ徒手療法についてお伝えできればと思います。

※オランダ徒手療法に関する学校、組織、協会とは関係がありませんので、受講や勉強会に関するお問い合わせはご遠慮ください。

 

オランダ徒手療法とは

オランダ徒手療法は日本での名前で、現地オランダではこのような名前はなく、ただの「徒手療法」として扱われています。それではこの「徒手療法」を学ぶにはどうすれば良いか触れて行きたいと思います。

この徒手療法はWCPT(世界理学療法協会)の下部組織であるIFOMPT(国際徒手療法協会)が定めるコースまたは学校にいくことで学ぶことができます。オランダの場合はPTの養成校を卒業した後、卒後教育としての大学院が設置されており(下記参照)、そこで学ぶことができます。オランダで学ぶ徒手療法の特徴としては、脊柱の解剖・生理学を中心にアプローチすることで、末梢に対してもアプローチするというのが特徴としてあります。また、手技としては関節モビライゼーションや関節マニピュレーションなどが用いられており、そこは世界共通なのかなと個人的には考えています。

 

オランダPTの卒後教育

上記でもお伝えしたように、オランダは卒後教育として大学院を設置しており、そこで自分の専門性を学んで行くという流れになります。その専門性は、以下になります。

オランダの卒後教育

kinderfysiotherapie(小児理学療法

geriatriefysiotherapie(高齢者理学療法

orthopedische manuele therapie(整形徒手療法)

psychosomatische fysiotherapie(心理理学療法

sportfysiotherapie(スポーツ理学療法

Bekkenfysiotherapie(産後理学療法

 

このように専門性が分かれており、徒手療法を含む、いくつかの分野では修了することで保険点数が変わり、給料に反映されます。

全てのコースは3年制であり(一部を除く)、パートタイムでの授業になります。そのため働きながら通うというのが通常のスタンスです。

これらのコースは全て修士課程という位置付けになっており、修了したらMaster(修士)の称号が得られます。 この修士課程が終わった後、研究などに興味がある方はPhD(博士課程)に進む方が多いそうです。

 

オランダの徒手療法の現状

オランダでは上記にあるように徒手療法のコースを修了することで給料に反映されるということで、多くの理学療法士徒手療法を専攻しています。しかし、人数が増えすぎてしまい、中には給料のために行く人もいて、オランダの徒手療法のレベルが下がってきていると、オランダ徒手療法協会の方は危惧しています。実際に徒手療法を受けて悪化したという患者さんもちらほら出てきている状況です。ただ、IFOMPTの協会メンバーのオランダ人の割合も高く、国際的にもレベルも高い位置にいるということは間違いなさそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

徐々に徒手療法関連も情報を集めて行くので、随時更新していきたいと思います。

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model③

 「the athletic skills model nl」の画像検索結果

今回はBMSとドナー/マルチスポーツの関係や実践例などをお伝えして行きます。

 

ドナー/マルチスポーツのコンセプト

まだ対象のスポーツ(専門種目/スポーツ)が決まってない時は子供たちはマルチスポーツを経験できる機会が多くなります。対象のスポーツが決まった時、マルチスポーツのつもりが結果的にドナースポーツになってしまう場合もあります。そして、ドナースポーツを子供達に強制させてはいけません。楽しまないで行うスポーツは子供達がそのスポーツをやめてしまう理由になり兼ねません。特にCAを身につけるために周りの大人たちは子供が楽しいと思えるドナーもしくはマルチスポーツを推奨して行く必要があります。自分ができそうなスポーツだけでなく、それ以外のスポーツも重要です。そのため、季節ごとにオンシーズンのスポーツも異なるため、季節でスポーツを変えて行く方法もあります。また、コーチは対象のトレーニングの練習メニューにドナー/マイナースポーツやその要素を取り組むことも1つの方法です。

 

 

ドナースポーツと対象のスポーツとの関係

ASMではドナースポーツでは対象のスポーツと部分的もしくはほとんど同じBMSの要素が含まれていると考えられています。なので、ドナースポーツと対象のスポーツにはどのBMSの要素が強いかをしっかりと分析しなければなりません。前述したようにドナースポーツでのパフォーマンス向上は対象のスポーツでのパフォーマンス向上に関係してきます。

 

 

マルチスポーツと対象のスポーツとの関係 

BMSを考える際、ASMではマルチスポーツと対象のスポーツはあまり関係ないとしています。むしろ対象のスポーツやドナースポーツにはないBMSを鍛えられるのが、マルチスポーツの役割です。直接的な関係はないからこそ、しっかりと対象のスポーツのBMSの要素を分析して、その要素以外のBMSを鍛えられるような種目が理想です。ゆえにマルチスポーツは怪我の軽減、より長い競技生活、ドロップアウトの防止、フィジカルの強化といった多様な基礎能力の発達に重要な役割を果たします。また、対象の競技に深く関わりのないBMSを鍛えることがCAやCOMの発達に寄与します。

 

 

技術の適応トレーニン

対象のスポーツの技術の側面は、集中的なアプローチ・練習によって生じ、技術の適応の過負荷が必要になってきます。これは動きを協調させる要素を含んだトレーニングをすることによって習得することができます。これは必ずしも対象のスポーツそのものをやるだけでなく、様々なスポーツをすることによって培われます。例えば、100mの陸上選手が試合同等の平らな陸上トラックをひたすら走る練習をするのではなく、上り坂を走ったり、トレイルランをしたり、プールの中で走ったりするトレーニングになります。同じ走るでも、異なる環境や刺激を与えた中で走ることで、走りのクオリティそのものにアプローチできるためです。あるテレビ番組で、某スポーツ選手が、「なるべく反復しないように練習してる」と述べています。フォームの再現性を求める練習も大事ですが、異なる環境や刺激下で同じフォームを保てる練習をしているとのことです。同じ環境下で同じフォームを繰り返してしまうと、筋肉や関節など同じ部分が摩耗してしまうなど、怪我のリスクが上がります。また100mでさえ、同じ1歩の繰り返しに見えても、足の出し方は1歩1歩ズレてしまいます。そもそも完全なる再現は人間には難しいので、その微細なズレの中で同じ1歩のパフォーマンスを出せるようなトレーニングをしているとのことでした。もう一つ例を出すのであれば、テニス選手が色んな地面に対応できるようになるために、屋内のスポーツを楽しんだりすることで、普段と異なる刺激を足の裏にあたえ、感覚を養うことができます。

 

 

BMSレーニングの実践例

これまでは、BMSが対象のスポーツにどのように関わり、ドナースポーツとマルチスポーツによってBMSにアプローチすることをお伝えしてきました。それでは、それをどうやって実践するのかを例を出してお伝えして行きます。

 

対象のスポーツはサッカーです。

 

f:id:dogknt:20190510202548j:plain

 

このように分けることができます。 

ここで、まずドナースポーツを設定します。

前述したように、ドナースポーツは対象のスポーツとBMSが似ている競技を選ぶので、跳ね回り、フィジカルコンタクトをとるという要素では柔道も候補の1つです。反対にサッカーでは培われない捕ったりする要素の強い野球がマルチスポーツの候補になります。また、技術の適応トレーニングのために、フットサルをして、地面や人数などが異なる環境でボールを蹴ることも良いでしょう。これらの別々で行うスポーツだけでなく、日々のウォーミングアップに最初の5分は音楽の中で動くことを養うためにエアロビクス(マルチスポーツという位置づけ)をし、次の5分でジャンプや着地することを養うためにバスケットボール(ドナースポーツという位置づけ)を行うなど、様々な工夫が考えられます。このように、対象のスポーツ以外のスポーツ(ドナースポーツとマルチスポーツ、技術の適応トレーニングのためのスポーツや遊び)を設定する際、必ずしもスポーツクラブなどに配属して行うというのではなく、遊びやウォーミングアップに取り入れたりして、子供達には様々な運動を行わせることが重要です。

 

これまでが基本的な動きであるBMSの考え方です。次にCAについてお伝えして行きます。 

 

以下が参考文献になります。

The Athletic Skills Model

The Athletic Skills Model

  • 作者: René Wormhoudt,Geert J.P. Savelsbergh,Jan Willem Teunissen,Keith Davids
  • 出版社/メーカー: Routledge
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model②

                    「the athletic skills model」の画像検索結果

 

 

 

前の記事でお伝えしたように、多様な運動パターンの発達は競技特有のパフォーマンスにも深く関わってきます。ASMではこの多様な運動パターンを構築するためにBasic Movement Skills(以下:BMS)を用いるわけです。

 

BMSとは、基本的な動きのことですが、幅広い運動スキルが含まれ、複雑な運動を行うためにも必要なものになります。

BMSで大事なのは、かしこまったルール上でのスポーツなどではなく、遊び感覚で楽しんで行うスポーツによって身につけられるということです。

精神的にも楽で、極端にいえばなんでもありの状態で動き回るわけですから。

研究面でも、恐れずにチャレンジすることで、trial and errorの機会を得て、失敗から学ぶことによって動きを応用させることができるようになると言われています*1

 

ASMではBMSを以下の10個の運動としています。

・Balancing and falling(バランスをとる動きと落ちる事)

・Romping and fighting(跳ね回る事と戦う事)

・Moving and locomotion(動き回る事)

・Jumping and landing(跳ぶ事と着地する事)

・Rolling, tumbling and turning(転がる事、回転する事と方向転換)

・Throwing, catching and hitting and aiming(投げる事、捕る事、狙って打つ事)

・Kicking, shooting and aiming(蹴る事、狙ってシュートを打つ事)

・Climbing and scrambling(登る事、よじ登る事)

・Swinging(揺さぶられる事)

・Music in motion(音楽の中で動く事)

  

これらの動きは決して分離して考えるものではなく、パフォーマンスにおける機能的な面での相互作用があります。

 それでは1つずつ説明していきます。

 

ASMの基本的な10個の動き

Balancing and falling(バランスをとる動きと落ちる事)

遊びやスポーツにおいて、このスキルの割合が最も高くなります。この能力は地面の上、もしくは空中で安定もしくは不安定性を調節する動きで、他の動作に移る時に必ず必要になってくる動きです。

 

Romping and fighting(跳ね回る事と戦う事)

戦うと表現しましたが、これには押したり引いたりすることも含まれ、フィジカルコンタクトなどに必要な能力になります。競り合った時に重心が上下したり、転んでも、しっかりと次の技や技術に合わせて自分の重心を運んでいく動きです。

 

Moving and locomotion(動き回る事)

これは一言で言うと移動する動きのことで、歩きやジャンプ、自転車など方法は様々です。この動きには加速や減速も含まれます。

 

Jumping and landing(跳ぶ事と着地する事)

この動きは跳んだ時に、距離、高さ、着地のために姿勢を調節する動きです。神経学的な調節が必要になってきます。

 

Rolling, tumbling and turning(転がる事、回転する事と方向転換)

この動きは前額面、矢状面、水平面において回転や方向転換を調節する動きです。

 

Throwing, catching and hitting and aiming(投げる事、捕る事、狙って打つ事)

主に上肢を使って行われる動きで、文字通り、投げたり、ボールに合わせて衝撃を吸収して捕球するという動きです。

 

Kicking, shooting and aiming(蹴る事、狙ってシュートを打つ事)

主に下肢を使って行われる動きで、文字通り、蹴ったりボールに合わせてシュートを打つ動きです。この動きはフェイントなど、競技特有の専門の動きに繋がってきます。

 

Climbing and scrambling(登る事、よじ登る事)

歩きや走りと違って、この動きは上肢が固定されて体が動いていきます。また、ロープや壁など物を介して行われる動きです。

 

Swinging(揺らす事)

この動きは座ったり立ったりした状態でブランコや橋などの上で揺らす動きです。

 

Music in motion(音楽の中で動く事)

これは様々なリズムに合わせて動くことです。リズム通りに動くことは水泳から球技まで全ての競技に要求されます。

 

 

専門化の時期

 少し話を戻しますが、ASMが言いたいのは、決して対象のスポーツはやるなと言っているわけではありません。あくまで、特に幼少期はその競技特有の練習よりもBMSを考慮すべきと言うことです。

しかし、競技によってはBMSとその競技特有の練習の割合が変わってきます。幼少期において、競技特有の練習の経験がかなり重要とされている、新体操、体操競技、水泳、フィギュアスケート、飛び込みでは、競技特有の練習の割合が他競技に比べて多くやるべきと言われています。勿論、これらの競技でもBMSは重要になってきます。理由としては、その競技に必要とされる柔軟性や水や高所などへの恐怖心への対応が幼少期の方が圧倒的に容易に会得できるからです。これらの練習は10歳までに行うべきと言われています*2

 また、運動学習にも適齢期というものがあり、7歳までが最も運動学習をするには適していると言われています。外見だけでなく、運動能力も年齢に合わせて発達していくので、動きからも運動能力における成長の早さを判断することができます。

 

BMSの区分

さて、では本格的にBMSの話に入ってきます。BMSの10個の動きに関しては前述した通りです。これらのBMSはCA(白枠)とCOM(黒枠)によって深く関係しています。

 

f:id:dogknt:20190508004402j:plain 

 

そしてこのBMSは大きく分けて考えると、4つのカテゴリーに分けられます。

・Sport-specific basic movement skills スポーツ特有のBMS

・Sport-adaptive basic movement skills スポーツに応用するBMS

・Sport-related basic movement skills スポーツに関係したBMS

・Sport-supporting basic movement skills スポーツを支えるBMS

 

この4つのスキルはどれか1つを突出させるというより、バランスよく発達しているかをコーチ、トレーナー、両親など周りの人がしっかりと確認していく必要があります。

 

 

Sport-specific basic movement skills スポーツ特有のBMS

このスキルは対象の競技に特化した基本的な動きのスキルになり、環境と道具に深く関わってきます。環境でいうと、スケートの選手であれば、氷の上での動くこと(氷の感覚をもとに)、水泳選手であれば水中での動くことがこれにあたります。また、道具でいうと、テニスでいうラケットを扱うこと、野球でいうグローブを扱うことがこれにあたります。これらのスキルはその対象のスポーツの練習や試合によって身につけることができます

 

 

Sport-adaptive basic movement skills スポーツに応用するBMS

上記のスキルはその競技における環境や道具にどれだけ特化し、感覚を自分のものにできるかというものに対し、このスキルはその感覚を、環境や道具の変化に対しどれだけ順応できるかというスキルになります。例えば、サッカーでいう雨の日の濡れた芝グラウンドでしっかり順応できるかどうか、体操競技でいう、試合会場による鉄棒などの道具の素材の違いにしっかりと対応できるかどうかといったスキルになります。これもその競技内での変化への対応なので、対象のスポーツを行うことで身につけることができます。ただし、少し工夫が必要です。というのも、意識しないとこれらの環境の変化は作りにくいものもあるからです(これらの変化は意図して生じているわけではないので)。恵まれ過ぎた環境で行う選手は特に注意が必要です。

 

 

このスキルは対象のスポーツと間接的に関係し、異なる環境や道具での基本動作を行うスキルになります。例えば、アメフトでいうと、アメフトのボールを用いて投げるのはアメフトに特化した「投げる」という動作ですが、ソフトボールを投げるのは同じ「投げる」ですが、アメフトのスキルとは異なります。ですが、このソフトボールによって培われた「投げる」というスキルはアメフトにもいきてきます。このように詳細なスキルの違いはあれど、異なる環境や道具における、基本動作を行うというスキルです。このスキルはドナースポーツ(前の記事参照)によって身につけることができます

 

 

Sport-supporting basic movement skills スポーツを支えるBMS

このスキルは対象のスポーツとほとんど関係ない動きを行うスキルになります。例えば、バドミントンの選手にとってのボールを蹴る動きだったり、サッカー選手にとってのボクシングなどになります。このように一見ほとんど関係ない動きですが、「スポーツをする運動神経」として深く関わってきます。というのも、バドミントンはシャトルを見てそこに照準を合わせてラケットを当てに行くスキル、つまり目と上半身を協調して動かす能力が必要とされます。しかし、自分の体を運ぶのは下半身であり、その目と下半身を協調させて自分を運んで行くスキルも必要になってきます。そこで、ボールを蹴る動きは目と下半身を協調させるという意味で必要な動きになるのです。このスキルはマルチスポーツ(マルチスポーツ)によって身につけることができます

 

ここまでで、BMSの細かい区分についてお伝えしました。

次の記事では、BMSの実践について書いていきたいと思います。 

 

以下が参考文献になります。

The Athletic Skills Model

The Athletic Skills Model

  • 作者: René Wormhoudt,Geert J.P. Savelsbergh,Jan Willem Teunissen,Keith Davids
  • 出版社/メーカー: Routledge
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

*1:Sara D. L. Santos1, Daniel Memmert, Jaime Sampaio, Nuno Leite (2016); The Spawns of Creative Behavior in Team Sports: A Creativity Developmental Framework

*2:Joris Hoeboera, Sanne De Vriesa, Michiel Krijger-Hombergena, René Wormhoudtc, Annelies Drentd, Kay Krabbend, Geert Savelsberghd (2016); Validity of an Athletic Skills Track among 6- to 12-year-old children

オランダのスポーツ教育 The Athletic Skills Model①

                     「The athletic skills model」の画像検索結果

今回はオランダのスポーツ教育(タレント発掘)についてお伝えしていきます。

オランダという国は人口が約1700万人しかおらず、日本のように競争主義の方法では他の国には勝てません。1人1人にしっかりと教育していくのがオランダのスタイルです。

 

そこで、近年オランダは新しいスポーツ教育におけるプログラムを作成しました。

その名もThe Athletic Skills Model(以下:ASM)です。

この記事ではこのプログラムができた背景をお伝えしていきます。

 

近年の子供達の運動環境

近年、運動する環境が目まぐるしく変わり、子供の運動量は30年と比べて減少しているという現状があります。また、この環境によって運動する機会が減ることで、肥満になる子供も増えているとWHOは提唱しています*1。子供の運動発達の専門家である、Brian Grasso氏は、子供の時期は運動を行う引き出しを増やすことが大切だと言っています。しかし近年では、子供にやりたいことをやらせるという親が増え、数学が好きな子は数学ばかり、サッカーが好きな子はサッカーばかりやらせるようになり、専門的トレーニング・教育の開始が若年化してきています*2

 

早期の専門的トレーニン

もし、1つのスポーツしかやらないで育つと、運動能力が限られた方面でしか発達せず、そのほかの一般的な運動スキルは制限されてしまうと言われております*3

しかし、これによる良い面もあります。早期に1つのスポーツを行うことによって、そのスポーツのパフォーマンスが早期に高いレベルにも達することも可能になります*4

 

全般的に運動するメリット

様々な運動をすることで、機能的動作(体の使い方)が良くなることが示唆されています。これをphysical intelligence(身体的知能)と呼んでいます。このphysical intelligenceが低いとその競技特有のスキルの上達はできても、それを応用したりする動きが不十分になる可能性が高いと考えられています。

さらに、ASMのキーポイントとして、9-12歳までの時期に身体的にも、精神的にも様々な事を経験させることとしています。また、18歳からその競技特有の練習に集中しても問題はないとしています。

適切な時期に適切な能力(physical intelligence)を身に付けることで、最終的に早期に専門的トレーニングを行った者よりも高いパフォーマンスを身に付けることができると考えられています。

 

・The Athletic Skills Modelにおける成長段階

ASMは運動能力を6つの成長段階に分類しています。

f:id:dogknt:20190503004903j:plain

※英語のathleteは日本語のアスリートと違って必ずしもプロレベルの競技者だとか、そのスポーツで食べていく人を指しているわけではありません。

 

ここまでで、子供に対して行うべきは多角的な発達を促すことがわかったと思います。

 

学習の移行

動きにおいて、スポーツ間の類似している部分は異なる部分より大きいことが良くあります。そのため、運動能力の移行は同じスポーツ間と同じくらい異なるスポーツ間でも行われます*5。故に、異なるスポーツや運動・活動が対象のスポーツのパフォーマンスに良い影響を与えるのか、もしくは悪い影響を与えるのかを判断するために、スポーツ間の類似している部分と異なる部分がそれぞれなんなのかを理解する必要があります。そこで、ASMではマルチスポーツとドナースポーツの2種類のスポーツが存在します。マルチスポーツというのは、遊びに焦点を当て、2種目以上の種目を楽しむ事をモットーに行うことで、ドナースポーツは対象のスポーツのパフォーマンスの向上に焦点を当てて選択された種目で、ドナースポーツは対象の競技の要素になるように選択されることです。

f:id:dogknt:20190503073401j:plain



 

Movement transfer 動きの移行

運動能力は動きやスポーツ、またはその技術間で移行が行われます。この動きの移行はバイオメカニクスや解剖学的視点から見るフォームの中で類似している点を探します。例えば、フリスビーの投げる動作とテニスのバックハンド、バスケットボールのディフェンスとサッカーのディフェンス(1対1)は動作が似ています。ASMはスポーツ間での動きの移行、特にBMSにおける移行に深く関係していきます。同じBMSはドナースポーツより学習されることもあります。また、異なるスポーツの実施によって試合状況を解決する能力(対応能力)を身に付けることができます。というのも、同じ競技でも状況によって様々な動き、フォームが求められます。そこで、色々なスポーツの経験によって様々な動きを学習していることによってそれに対して対応できるからです(動きの移行によって)。

 

Perceptual transfer 知覚の移行

この移行は戦術的な意識や、戦術パターンの認識、空間認知、意思決定をも含みます。これらは主に視覚情報によって行われます。例えば、ホッケーの相手陣に切り込んでゴールに近づいていく戦術はサッカーに似ています。そのためこのような競技間で、1つの競技経験が他の競技において知覚の移行が行われます。また、チームスポーツでは時間や空間の認識に視覚情報は欠かせません。なので、色々なポジションをおこなわせる事が重要になってきます。なぜなら、サッカーでいうと、ストライカーのポジションばかりやっていると、いざディフェンダーによってディフェンスをされた時にディフェンダーでの視点や空間の認識がないため、突破口の引き出しが少ないということに陥るからです。この知覚の移行によってプレイヤーは環境の情報を即座に認識し、パフォーマンスに関わる意思決定(プレーの判断)をして行きます。研究においても、オーストラリアンフットボールの選手をプレーの判断が良い人と悪い人に分け、プレーの判断が良い人は悪い人に比べ、子供の時に様々なスポーツ、特に”果敢に攻めるスポーツ(バスケットボール、ホッケーなど)“をやっていたという報告があります*6。2014年の研究でもサッカー選手にとってこの上記のスポーツはプレーの判断に良い影響を与えるとしています*7。バレーボールでは効果が薄いようなので、種目は選んでいく必要があります。

 

 

Conceptual transfer 概念の移行

この移行はスポーツのルールや、環境、戦略によって行われます。例えば、ハンドボールとテニスは試合会場によって地面が異なり、体操競技飛び込み競技は会場が静まったところから、自分のタイミングで動き始めます。このように競技特性というより、環境に焦点を当てて比較して行きます。

 

 

Physiological or Physical conditioning transfer 生理学・身体的状態の移行

これは特に競技特有の練習やトレーニングを行うことで、移行が行われます。ASMではconditions of movement(以下:COM)として、アジリティ、安定性、柔軟性、パワー、持久力、その他coordinative abilities(以下:CA)コーディネーション能力を定めています。この中で特にスタビリティやパワーといったフィジカル要素の部分は一般的に他競技に良い影響を与えます。例えば、自転車で身につけた持久力のスピードスケートへの移行などです。また、子供にとっては季節ごとのスポーツを行ったほうが1年中という観点からフィジカル面を維持できるので、対象のスポーツがオフシーズンの時は逆にその季節の競技を行うことが推奨されます。

 

Competence transfer 適正・能力の移行

この移行はスポーツによって培った考え方や、精神のことを指します。知識、考え方、スキルといったものは他のスポーツや文化などによって学ぶこともできます。ASMが言うこれらの精神やマインドというのは、自分のメンタルコントロールや、相手へのリスペクト、コミュニケーションといったものです。以前に獲得したこれらの精神やマインドは次の新しいスポーツにも移行できると言われています*8

 

 

さて、様々な競技を経験することのメリットがわかりました。それでは、これらのメリットをどのようにして用いていくのでしょうか?

ASMはスポーツや動き、体育やリハビリなどに関わる膨大なプログラムです。

 

ASMには大きく3つの概念があります。 

ASMの3つの概念

BMS: Basic Movement Skills

・CA: Coordinative abilities

・COM: Conditions Of Movement

これらの3つにアプローチすることがASMの教育になります。

 

それでは次の記事ではBMSについてお伝えして行きます。 

 

以下が参考文献になります。

The Athletic Skills Model

The Athletic Skills Model

  • 作者: René Wormhoudt,Geert J.P. Savelsbergh,Jan Willem Teunissen,Keith Davids
  • 出版社/メーカー: Routledge
  • 発売日: 2017/10/24
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

*1:Mercedes de Onis, Monika Blössner, Elaine Borghi (2010); Global prevalence and trends of overweight and obesity among preschool children

*2:Brad Ferguson, Paula J. Stern (2014); A case of early sports specialization in an adolescent athlete

*3:Joe Baker(2003); Early Specialization in Youth Sport: A requirement for adult expertise?

*4:Laura Capranica, Mindy L. Millard-Stafford(2011); Youth Sport Specialization: How to Manage Competition and Training?

*5:J Côté, J Baker, B Abernethy (2007); Practice and play in the development of sport expertise

*6:Berry, J; Abernethy, B; Côté, J (2008); The contribution of structured activity and deliberate play to the development of expert perceptual and decision-making skill

*7:Joe Causer, Paul R. Ford (2014); Decisions, decisions, decisions”: transfer and specificity of decision-making skill between sports

*8: Darren J. Burgess, Geraldine A. Naughton (2010);  Talent Development in Adolescent Team Sports: A Review

鍼灸の効果 術後の疼痛のマネージメント

                    「TEAS electronic acupuncture stimulation」の画像検索結果

今回は手術における術創部の疼痛に対する鍼灸の効果を検証した論文レビューを行います。

手術を行った患者に対して、術創部の疼痛に対して鎮痛薬を投与する場合があります。しかしながら、鎮痛薬にも副作用があるので、できれば避けたいところです。

そこで鍼灸を行うことで、その疼痛を軽減できれば、鎮痛薬の量を軽減もしくは投与しなくても良くなるかもしれません。

そこで、今回は2つの論文を読んでまとめてみました。

  1. 鍼灸によって術後の疼痛を軽減できる可能性はあるかもしれないが、あまり確定的な知見がなく、鍼灸特異的な効果は現在のところ見当たらない
  2. 鎮痛薬の服用量も軽減できるという論文もあるが、知見が別れるところで、エビデンスレベルは低いと考えられる
  3. TEASに関しては疼痛と服用量共に軽減できると示唆されており、鍼灸よりもTEASの方が良いのではないか

 

1つ目の論文は、2016年に発表されたRCT(ランダム化比較試験)を集めたメタアナリシスの論文になります。

journals.plos.org

 

内容は手術における術創部の疼痛のマネージメントについてです。

f:id:dogknt:20190430024526j:plain

本来、手術後に術創部の疼痛を訴える患者さんに対してはオピオイド鎮痛薬やモルヒネというものが投薬されます。ただし、この薬には当然ですが、副作用が伴います。

副作用

・眠気

・せん妄、幻覚

・呼吸抑制

・口内乾燥

・排尿障害

・ミオクローヌス などなど

 

そのため、今回の研究では鍼灸、もしくはそれに類似する治療によって、この治療をコントロールできるか実験したというわけです。

 

f:id:dogknt:20190430024618j:plain

 

対象は18歳以上の方を対象としています。

手術を行い、その後疼痛を抑制するために鍼灸治療を行った人を対象とします。

コントロール群の被験者は298名、治療を受けた被験者は384名になります。

評価方法として、術後1日目の疼痛スコアとオピオイド鎮痛薬の服用量で比較しています。

疼痛スコアはVASもしくはNRSにて評価を行っています。

また、このメタ解析は11個の論文にて構成されています。

 

f:id:dogknt:20190430024736p:plain

 

治療は手術の前もしくは後、もしくは両方にて行われ、施術を行った場所は上記の通りになります。

また、手術の場所ですが、1つの論文は腰部に統一されていましたが、このメタ解析に集められた論文では特定の部位ではなく、様々な部位にて行われています。

 

f:id:dogknt:20190430025000p:plain

f:id:dogknt:20190430024911p:plain

f:id:dogknt:20190430025015p:plain

 

結果ですが、鍼灸群では、オピオイド鎮痛薬の服用量は変わりありませんが、疼痛スコアが有意に減少しています。しかし、鎮痛薬の服用量を見ていただくとわかるのですが、増加している論文も見受けられ、疼痛の減少はこの投薬によって引き起こされたものの可能性もあるため、あまり鍼灸の効果は期待できそうにありません

電気鍼灸では、疼痛スコアも服用量も変化がないので、これも期待できないでしょう。

 

唯一効果が表れているのがTEASです

TEASを扱った論文は5つあり、P値も低い論文がほとんどですので、信頼性は高いという結果になっています。

疼痛スコアも服用量も減少していますので、鍼灸群のように、服用によって疼痛が軽減された可能性も低そうです。

 

f:id:dogknt:20190430025149j:plain

 

まとめると、鍼灸と電気鍼灸には術後の疼痛を抑制する効果は薄いことが考えられます。

 

一般的に鍼灸には疼痛を和らげる効果があると言われているので、今回のこの結果に関しては、術後すぐに鍼を刺すということで、心理的な面も影響しているかもしれません。

 

ここで、2つ目の論文を見て見ましょう。

Acupuncture for Acute Postoperative Pain after Back Surgery: A Systematic Review and Meta‐analysis of Randomized Controlled Trials

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/papr.12208

 

この論文は2015年の論文で、腰部の手術に限定して実験を行っています。

この論文もメタ解析を用いており、厳選された5つの論文を引用しています。

 

f:id:dogknt:20190430025257p:plain

これらの論文では、通常の鍼灸と、ダミー鍼灸、従来の方法(論文に詳細な記載はありませんでしたが、リハビリテーションなどと記載されておりました)と、治療を行わないという群に分けて行いました。

ダミー鍼灸に関しては、経絡と全く関係ないところに鍼を指すという方法でした。

 

f:id:dogknt:20190430025322j:plain

比較の方法ですが、鍼灸とそれぞれの群で効果の差を比較しています。

結果ですが、鍼灸を行うことで手術後24時間以内での疼痛の軽減が見られました。

ただ、従来の方法(鍼灸以外)との効果の差はなく、鍼灸の特異的な効果かと言われれば、少し疑問が残ります。

服用量の点でも、鍼灸とダミー鍼灸に差がなく、心理的な面や、経絡治療云々よりも鍼を刺すこと自体に効果があるのかもしれません。従来の方法とも効果の差がなく、鍼灸の効果は示しているものの、鍼灸でなければいけない理由がないといった状況です。

 

f:id:dogknt:20190430025349j:plain

 

この2つの論文をまとめると、

術後の疼痛のマネージメントに対する鍼灸は明確なエビデンスがありませんが、TEASといった代替の方法で行うことが現時点では有効であると言えるのかもしれません。

今後の期待としては、論文数だけでなく、部位ごとや手術の種類によって分類できるようになることではないかと個人的には思います。